« カナダ旅行記 その64 | トップページ | カナダ旅行記 その66 »

2013.01.28

カナダ旅行記 その65

 人々が一斉に帰り始めた。さぁ、帰ろう。メラニーに見つけてもらえる場所に戻らなきゃ。まるでラッシュアワーのような混雑ぶりだ。こちらから彼女の車を見つけてあげなきゃ。

 MINIだ。見つけた。向こうも気づいた。大急ぎで車に乗り込む。

 「どうだった?」

 「本当にすばらしかった。カナダの歴史をしっかりと理解できたよ。言葉なんていらなかった。」

 「よかった。実は、私、まだ見たことないのよ。」

 「えっ!? なんてもったいない。」

 考えてみれば、私もまだハウステンボスのそれを見ていない。地元に目を向ければきっと、もっとすばらしい何かが見つかるんだろう。日本人は狭い島国で生活をしているので、国際化と言われると「外の国」を知ることだと思っている。しかし、それはちょっとだけ間違っている。単なる見るだけの観光をして「面白かったね。」で終わっていては国際人にはなれない。国際交流の場で交わされているのは「比較文化」論である。真の国際人とは、まずは自分たちのことを知り、それを互いに紹介し合い、理解し合える人のことを言うのだ。外国人と会話して初めて気がつくのは、いかに自分が日本のこと、日本の歴史、日本の魅力を知らないかということであった。そして彼らに言われることは「日本独特の文化こそ、他との違いこそが日本の魅力なのに、なぜ日本人はそれを軽視し、外国のまねばかりをしようとするのか。」である。自分のことを知らない者は、絶対に他を理解することなんてできない。他の立場に立って自分を見つめ直すこと。それこそが国際化の第一歩である。それらは全て、タッドが、ウェンディーが、メラニーが、アーリーンが、ケリーが、ブレンダンが、ケイトが、ジェンが私に教えてくれたことである。大事なのは、コミュニケートすることである。

 帰りの車の中で、私は大いに悩んだ。体の中から溢れ出すこの思いを、どうしたらメラニーに伝えられるのか。どんな単語を選び、どんな表現を使えば伝えられるのか。そしてそれをちっとも知らないという事実に、苦悩していた。このもどかしさが、英語を勉強する者に取って最も有効なエネルギーになる。実際はそれをどのくらい維持できるかも大事だが。しかし、感じただけで上達したら苦労はない。あの時の私は、感動と感謝の気持ちを、自分が満足いくようには伝えられなかった。彼女がそれを察してくれたであろうことに期待するしかなかった。

 家に帰り、明日の帰国に向け荷物を整理した。往路時の私のスーツケースには、左半分には自分の身の回り品が、右半分にはこちらで配ったプレゼントが詰まっていた。帰りには空いた右半分にお土産を詰め込むはずだったが、ちょっぴりはみ出してしまった。さらには、今夜もらったイスラム伝統のランタンは金属とガラス製。スーツケースに入れて無事に持ち帰ることは、120%不可能であることは実証済みである。せっかくもらった好意だから失礼がないようにしたいが、持ち帰られるのは1個が限界だとメラニーに言うと、「大丈夫よ。任せておきなさい。」と返事が返って来た。そこでメラニーにお願いして、もらったランタンのうち1個は置いて行くことにした。

 出発前の準備は不安と期待が入り交じりつつも、わくわくばかりの時間であったが、帰りの支度はなんとも寂しい。さらには、往路に立ち寄ったシカゴの空港については綿密な下調べをしていたが、復路のワシントンDCの空港については、今ひとつ頭に入っていないことに気づく。最後までこの旅はアドベンチャーである。

 しまった。帰りの飛行機の座席予約を早めにしておこうと思っていたのに、すっかり忘れていた。そう言うと、メラニーはネットで予約ができないか調べてくれた。残念ながらすでに空席なし。いや、そんなはずはない。きっと往路と同じ。カウンターでは可能なはず。

 「だいじょうぶ。」

 例によって自分に言い聞かせる以外、すではない。もっと早く気づけば良かった。

 これから再びやって来る、堪え難いほどの24時間のことを考えると、また眠れなくなりそうだ。しかし、この試練を乗り越えないと日本へは戻れない。まさに、サザエさんのエンディングが頭の中で流れている状態だった。

5日目、終了。

(つづく)

|

« カナダ旅行記 その64 | トップページ | カナダ旅行記 その66 »

コメント

「道」がつくものは難しいね。外国人が興味があるのは、仏教よりも神道なんだよね。いまならツボがわかります。

投稿: かんねん | 2017.09.24 21:49

「いかに自分が日本のこと、日本の歴史、日本の魅力を知らないか」本当に本当にその通りだと思います。神道、仏教、茶道、着物、盆栽等々…外国の方に日本語でも説明できない。教えてあげられたのは、折り紙くらい…(^^;)

投稿: くろべ | 2017.09.24 21:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59128/56630576

この記事へのトラックバック一覧です: カナダ旅行記 その65:

« カナダ旅行記 その64 | トップページ | カナダ旅行記 その66 »