« 私の予想 | トップページ | 大丈夫なのか!? »

2013.02.23

カナダ旅行記 その72 (最終話)

 思えばこの旅は、妻の思いがけない一言で始まった。

 「二人で行ってきたら?」

 唐突だったが、こんなに嬉しい言葉はなかった。その喜びにはいくつかの思いが重なっていた。

 この20年間、出会ってきた代々のALTたちと会話をするうち、なんとか英語も話せるようになってきた。加津佐町では英語が堪能な地元のおばさまたちと英会話教室を楽しんだ。上五島ではALTを家に招待し、招待され、子供も一緒になって仲良くなれた。でもそれはすべて国内の話。誰に話しても「えっ!? 海外行ったことないの?」と驚かれた。いつか海外の国で自分の英語を試してみたいと、ずっと思っていた。

 オーストラリアに移住し、日本人向けのツアーで生計を立てている知人からも、今回の旅のホストであるメラニーや彼女のお母さんエリザベスからも「ぜひ遊びに来なさい。」と言ってもらっていた。おそらくはそこに行きさえすれば、後のことは全て世話をしてくれるであろう頼りになる人がいる。海外未経験者の私には、こんなに心強いことはない。いつしか、あこがれの国がスペイン、ポルトガルから、オーストラリア、カナダになっていた。

 それでも、海外旅行など一生できないだろうと思っていた。

 年を重ねるにつれ、仕事がどんどん忙しくなってきた。若い頃は何も背負うことなく、ひたすらに目の前の教科指導や部活動に明け暮れていれば良かった。主任と名の付く仕事が回ってくるようになり、自分のしたいことはできず、人の気づかない所で四苦八苦する毎日では、費用の安くて済むような時期に1週間以上も休みを取る事なんて、どんどんできなくなってきている。唯一、長期(と言っても1週間が限界)の休みが取れるお盆の時期では、家族4人となった今、車一台分の費用がかかる旅行なんてとんでもない。現実の生活が目の前にある。もっと若いうちに海外旅行くらい経験しておけば良かった。軽い後悔の念は持ちながらも、「まぁいいや。」という感じで流し、流されていた。

 ある日、メラニーが癌にかかったことを知る。この2年間の闘病の様子をメールやHPで追いかけていた。彼女を励ますため、何度もメールを送った。元気を出してもらうため、共に過ごした頃の懐かしい写真をミニアルバムにして送った。放射線治療の結果、順調に回復している事を知り、本当に安心した。彼女が日本を去る日、「結婚するときは招待状をちょうだいね。お祝いにかけつけるから。」と約束をしていた。その日が来たら、それをきっかけにカナダに行こうと思っていた。ところが彼女は自分の研究に没頭し、いつしかハーバード大学の大学院を卒業するような人になっていた。結婚する様子がまるでない。いつまで経っても招待状は来そうにない。でも今、会っておかないと後悔する日が来るかもしれない...。そんなことを考えるようにもなっていた。

 女の子を授かったとき、いつか彼女を手放す日が来るということばっかり想像していた。それは仕方がないことだが、その分、家族の時間を大切にしたいと思っていた。子供たちも大きくなり、その日がどんどん近づいていることを実感する中で、おそらくは最初で最後の「娘との二人旅行」を、人生初の海外旅行という形で実現できる。これは妻からのプレゼントだと思った。女同士は一生つながってるだろうが、父と娘の縁は先が細るものだ。だからこそ、申し訳ないと思いつつも素直に受け取れた。

 こんな思いが重なっていた。

 それでも、海外旅行など一生できないだろうと思っていた。

 まったく決心できなかった私に、「二人で行ってきなさい。」の一言で背中をどーんと押してくれた妻に心から感謝している。全てはあなたのお陰です。

 この旅の話を持ちかけたとたん、あの短期間にありとあらゆる方面に手を回して、完璧なプランを立て、私たちを楽しませてくれたメラニー。あなたがいなければカナダには行かなかっただろう。本当に素晴らしいたくさんの経験をありがとう。

 そして、こんな父に1週間もつきあってくれた娘。おかげで楽しかった。一生の思い出ができた。今度はまた別の機会に、再び海外を経験してきなさい。心の大きな人になりなさい。

Img_1295

 カナダ、カナダ、カナダ。

 これが私の「カナダ・ストーリー」である。

おわり

Someday 「カナダ旅行記2」 will come.

|

« 私の予想 | トップページ | 大丈夫なのか!? »

コメント

シンガポール旅行記、全73話(予定)お楽しみに。

投稿: かんねん | 2017.09.25 21:12

カナダ旅行記…最後まで読ませていただきました。寛大な奥様、従順な娘さんに感動しました。ALTの先生方との深いおつきあいがあって、素晴らしい海外旅行を経験できたんですね!カナダの大きな空、見てみたくなりました。ありがとうごさいましたm(_ _)m

投稿: くろべ | 2017.09.25 12:49

>ヤオさん
 まだ嫁にやるような年ではありません。てか、嫁に行けるのか不安なくらいの娘です。(^_^;)

投稿: かんねん | 2013.03.03 10:11

読み応えのある旅行記、お疲れさまでした。最終話、泣いてしまったじゃないですか!父から娘への愛情って、こんなにも・・・。crying

旅行記、本に出来そう!

投稿: ヤオ | 2013.03.02 13:55

>みゅーみゅーさん
 お父さんに優しくしてあげて下さい。(^^)

投稿: かんねん | 2013.03.02 11:03

素晴らしいカナダ旅行記でした。「娘」ってお父さんにとっては特別なのかしら?と、ちょっと思ったりして。
きっと「次」もありますよ♪

投稿: みゅーみゅー | 2013.03.01 20:44

>大ちゃん
 海外旅行にはまりそうな気分です。楽しかったよ。

>みけち
 番外編!? ううん....。ぜーんぶ、書いちゃったってば。(^_^;)

 それにしても、半年もかかるだなんて、まったく予想外でした。(^^ゞ

投稿: かんねん | 2013.02.27 22:32

娘さんとの話にうるうるきてしまいました。
私も、家族の背中をしっかり押してあげられる母&妻になりたいものです。

旅行記の連載を楽しみにしていたので、最終回は少しさびしいですね。
番外編とかありますか~?(^^)

投稿: みけ | 2013.02.25 13:32

深イイ〜〜! 深イイ〜〜! 深イイ〜〜!
イイね! イイね! イイね!

投稿: 福岡のライオンズファン | 2013.02.23 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59128/56822106

この記事へのトラックバック一覧です: カナダ旅行記 その72 (最終話):

« 私の予想 | トップページ | 大丈夫なのか!? »