« 坂道のアポロン | トップページ | そう言えば7月頃のこと »

2017.12.26

名前の漢字に翻弄され続けて30年

コンピューターで全漢字使用可に 6万字コード化
 日本語の漢字は、戸籍などに使われているものも含めると6万字あるのに対し、コンピューターは、実は1万字しか扱うことができません。これに対し、このほど15年越しの作業の末、6万字すべてが統一の規格にまとめられて、コンピューターがすべての漢字を扱えるようになり、ビッグデータの活用をはじめさまざまな効果が期待されています。(IT・ネット)

Capd20171226

 職業柄、すっごいうれしいニュースなんだけど、ここに来るまでずいぶん時間がかかったんだね。ちなみに普及にはさらにどのくらいの時間と、こちら側の費用が必要なんだろう。早く普及してくれ。

|

« 坂道のアポロン | トップページ | そう言えば7月頃のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59128/66200808

この記事へのトラックバック一覧です: 名前の漢字に翻弄され続けて30年:

« 坂道のアポロン | トップページ | そう言えば7月頃のこと »