« シンガポール旅行記 その40 | トップページ | シンガポール旅行記 その42 »

2018.01.18

シンガポール旅行記 その41

 バスは昼食の会場へと向かって出発した。例によって一方通行の規制ゆえに、またまた同じような道を通っている。もはやマリーナ地区を抜けるまでは、風景に興味は無くなった。そうなると、明さんのマシンガン・トークに耳を傾けるしかない。

 明さんは、このツアー終了後のオプショナルツアーについて紹介を始めた。

「このツアーが終わったあと、トライショーで市内をまわる観光ツアーあります。希望する人は、15時にマリーナ・ベイサンズで解散した場所に集合して下さい。」

 客の一人が「そう言えば、街中でまだトライシクル(三輪タクシー)を見かけませんけど、走ってるんですか?」と尋ねると、明さんは、

「シンガポールでは『トライショー』言いますね。今は、シンガポールではトライショーは観光用で少し走ってます。トライショーは狭い道入って行けるから、運転手さん、いろいろ道連れて行けます。ゲイラン地区も行きます。日本の昔の赤線ね。男の人喜びます。でも大丈夫。昼間は危なくない。運転手さんいるから大丈夫。参加する人は、後で声をかけて下さい。」

パンフレットに載っていた当初の予定では、この後の順番は、

 1 ランチ
 2 アラブストリート散策
 3 リトルインディア散策
 4 マリーナ・ベイサンズで解散(15:00予定)

だったのだが、ランチの後はリトルインディアに行くのだそうだ。チャイナタウンでの時間の短さで何となくせかされている気もする。この時、「まさか、アラブストリートには行きませんなんて言うんじゃないだろうな。」という不安が頭をよぎった。このオプショナルツアーをねじ込むために、全てを短めに済ませるための策なのかもしれない。そんなことを考え始めた。実際、このツアーの終了時刻は14:00だった。各地の観光時間があまりに短かったことから、軽くだまされた気分。そこで、あとでネットでツアーの概要を見たところ、最初から各地での見学設定時間は30分だったようで、マーライオンに少し時間を取り過ぎた分、チャイナタウンが短くなったのかも。

411

 「トライショー」は、自転車の後ろに客席となる椅子を付けて走る人力車のようなもので、かつては庶民の足だったが、現在は旅行者向けの乗り物になっているらしい。実は日本の人力車から生まれたもので、人力車は中国へ伝わり、「ジンリキシャ」がなまって「ジンリクショー」へ、それを短縮して「リクショー」になり、現在では、車輪が三つなので「トライショー(Tri-Shaw)」と呼ばれているのだそうだ。
 「VELTRA」 https://www.veltra.com/jp/asia/singapore/ctg/2061:Trishaw/

412_2 413_1
   シンガポールでは「トライショー」(シンガポールだけ人力?)

414 415
 タイやラオスでは「トゥクトゥク」   フィリピンでは「トライシクル」

(つづく)

|

« シンガポール旅行記 その40 | トップページ | シンガポール旅行記 その42 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/59128/66275586

この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール旅行記 その41:

« シンガポール旅行記 その40 | トップページ | シンガポール旅行記 その42 »