« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »

2018.02.25

ミスで勝ったのじゃありませんから

藤沢「あーもう負けた」吉田知「信じられない」
 平昌五輪第16日の24日、カーリング女子で英国に競り勝ち、銅メダルを獲得した日本代表のLS北見は勝利後、4人で抱き合い、喜びを爆発させた。
 サードの吉田知那美は「本当に信じられない。『新しい歴史だよ』って、JD(ジェームス・リンドコーチ)に言われて、ようやく、本当にメダルをとったんだ、という実感が少しずつ沸いてきています」と笑顔をはじけさせた。
 スキップの藤沢五月は「私の最後のショットが、正直良くなかったので、『あーもう負けた』みたいになったが、相手のミスで最後決まったので、最初信じられなかった」と興奮気味に話した。(読売新聞)

 Bronze

「銀でも土下座の韓国キム・ボルム、笑顔なく」
(スピードスケート女子・マススタート・決勝)

「カーリング痛恨ミスショットの英国美人スキップ
 イブ・ミュアヘッドが(銅メダルを)吹き飛ばす」

とか、喜びの裏側にある涙について書かれた記事が目につきますが、なんか周りの反応が厳しすぎると感じている私は甘いのかなぁ。本人の笑顔がないのはわかるけど、国賊呼ばわりされるような事ではなかろうし、落ち込んでいる人に追い打ちをかけるような記事を書かないでもよかろうにと思ってしまいます。(あっ、この人は発言が批判されたんだったっけ。)一昨日のカーリングの韓国だって、言うなればメガネ先輩のミスで同点に追いつかれたわけで、もし延長戦で負けてたら国外追放にでもなってるんじゃないかというような空気だし、なんで韓国はこうも両極端なんだろう。応援している人は、負けてがっかりするのはしかたないけど、いくら国の代表として戦っているからって、正々堂々戦った結果に対して批判する権利はないと思う。

 今回、試合をガン見して、カーリングは最後の最後まで勝敗がわからないということがよくわかりました。つまり、ミスまで含めて試合なんだということが。「相手のミスのおかげで勝てた。」という表現は、合ってるようで合ってない。最後のセンター前ヒットを相手の選手がトンネルしてくれて逆転勝ち...ってのは、確かに相手のミスで勝てた試合。ショートトラックやフィギュアで相手の選手が転ぶのもそう。だってこっちは相手がミスするような事はしないし、しちゃいけないし。

 でも、このカーリングというゲームは「相手のショットが決まらないような石の置き方を考える」ことがおもしろさであり醍醐味。だから、ミスショットという表現は、なんかしっくりこない。英国と日本の接戦がそう感じさせたのかもしれないけど、双方、相手の決まらなかったショットで得点を重ねて(重ねさせないで)進むゲームの一面もある。相手のミスではなく、相手の処理能力を超える場面を作り上げたこちらのチームの成果だって言ってあげたら、受け止め方が全然違ってくるのに。ハウス内にストーンが1個も無いところに、最後の1石を残して1点を取りにいこうとして失敗しただったらミスだろうけど、はじき出せなかったはちょっと違う。昨晩の試合は「Dテイクアウトできたら勝利」という難しい局面を作り上げた日本チームの成果による勝利だったということ。相手は博打を打たされたんだから。1点取って延長戦に持ち込むという選択肢もあったけど、そうしなかったことがミスだというなら、それは「たられば結果論」。だからそれも(判断)ミスと呼ぶべきではない。

 私にはこの競技をする能力も体力も環境もないけど、さらにはきっとオリンピック以外でテレビ観戦できる機会もないだろうけど、カーリングがおもしろいと思えたのは大きな収穫でした。

「カーリング女子」のみなさん、いや、「クリスタルジャパン」?、
いや、「そだねージャパン」か「もぐもぐジャパン」?

いやいや、

Nikoniko_3

「にっこにっこにージャパン」 のみなさん

銅メダル、おめでとう!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.24

あきらめない心を持ち続けること

藤沢も吉田知も驚いた奇跡の同点劇 呆然でスイープに動けず…仲間もコーチもご立腹
「平昌五輪・カーリング女子・準決勝、日本7-8韓国」(23日、江陵カーリングセンター)
 1次リーグを5勝4敗の4位で突破したLS北見の日本は準決勝で延長の末、地元・韓国に7-8で敗れた。前半から劣勢を強いられた日本は最終エンドで追いつく驚異的な粘りを見せたが、延長で力尽きた。日本勢初となるメダルをかけて24日の3位決定戦で英国と対戦する。

Capd20180224_2

 選手たちも信じ切れていなかった奇跡だった。6-7で迎えた第10エンドは、不利な先攻。絶体絶命。しかし、チームが繋いだ形を藤沢がしっかり整え、しっかりとガードを固め、中央に日本の石を置いたまま、あとは天命に託した。
 韓国の“メガネ先輩”ことスキップの金ウンジョンのラストショットが、日本のナンバー1を薄く弾くにとどまる。韓国の石も外へと向かった。ただ、藤沢も吉田知も負けを確信してスイープに動けない。
 「もう決まったと思って、私も知那美も呆然として動けなかった。スイープが遅れたけど、思った以上に動いてくれた」と、藤沢。韓国の石がわずかに外へ。まさかの同点に、地元ファンの悲鳴とため息が響く。リードの吉田夕が呆然としていた2人に言った。「集中して!」。コーチ席ではリンド・ジェームズコーチも激怒していた。様々な感情が交錯したドタバタの同点劇。少し間を置いて、みんなで笑い合った。
 最後は延長の第11エンドに韓国・金ウンジョンが意地で中央へ寄せきって、試合は決着。藤沢は「悔しいですね。もう言葉にするなら、その一言。最後の韓国は相当なプレッシャーが懸かる中でのショット。拍手です」と、涙。日本カーリング界初のメダルは、24日に持ち越された。
 泣いて笑っても、24日の3位決定戦が、今大会最後の試合。チーム創設者の本橋は、準決勝終了後、仲間たちに声を掛けた。「明日戦えるのは4強に残ったチームだけ。見ているだけの悔しいチームもいる。ステイ・ポジティブ!」。流行語にもなりそうな“そだねー(そうだね)”の声に象徴されるポジティブ集団。今大会の終盤を盛り上げる明るく楽しいカーリング娘が、気持ちを切りかえて、メダルに挑む。
(デイリースポーツ)

 9回裏2アウトにセンターフライを打ち上げたもんだから、ファーストまで全力で走らなかったら、ポトリ。慌てて走ってヘッドスライディングでぎりぎりセーフ。ベンチのコーチから怒鳴られた。何とか延長戦に持ち込んだけど10回で力尽きた...ってなところか。最後まであきらめない気持ちを持ち続けるのは大事なのね。私のような弱気な人間はすぐあきらめてしまうけど。がんばれ日本!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.22

がんばれ日本!

Capd20180222

このインタビューを見て感激。後ろを通ったスウェーデンチームとハグし合う姿に癒やされました。きれいとか明るいだけじゃなくて、性格も良いから、他の国の対戦相手からも愛されるんだろうな。すばらしいです。準決勝も楽しみ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.18

やっぱり笑顔が魅力

Capd20180218

この人の、コロコロした表情(よくわからんけど、なんかそんな感じ)を見ていると癒やされる。(´д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.16

見るのが楽しくなってきた

カーリング日本女子 逆転で五輪初の開幕3連勝首位 宿敵・韓国を撃破
◇平昌五輪カーリング女子1次リーグ 日本7―5韓国
 (2018年2月15日 江陵カーリングセンター)
 平昌五輪のカーリング女子は15日、1次リーグが行われ、世界ランク6位の日本(LS北見)は同8位の韓国に1点を追う終盤の第9エンドに逆転し、7―5で開幕3連勝。3連勝は男女を通じて五輪では日本史上初の快進撃で首位に立った。(スポニチアネックス)

Capd20180216


 初めてちゃんと試合を見た気がする。

 韓国に勝ったとか、そんなことより、

 みなさん、美人揃いだし、何より笑顔がとってもステキです。

 ファンになりそう。(´д`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.14

シンガポール旅行記 その45

 おそらくは、リトルインディアの魅力の5%くらいしか知り得なかった30分であった。回を重ねて、時間を変えて、違う通りをも歩けば、おそらくはまるでインドそのものを楽しめたのだろう。チャイナタウン同様、もう一度来たいと思う気持ちをたっぷり抱えたままの私を乗せ、バスは最後の目的地、アラブストリートへと向かう。

 あとで地図で見ると直線遠距離にして約500m、歩いてでも行けるような距離の所にアラブストリートはある。ウィキペディアによると、シンガポールの国民は中華系が74%、マレー系が14%、インド系が8%となっている。複合民族国家のため、全ての面において3系統の文化が共存共生しながらも、それぞれが異なるコミュニティーを形成している。ここまで見てきたチャイナストリートとリトルインディア同様、ここアラブストリートはおそらく、マレー系またはイスラム教を信じる人たちが多く集まった地区なのだろう。

451
  ノースブリッジロードとアラブストリートの交差点に立つ

 アラブストリートの交差点でバスを降りた。目の前には古くてカラフルな2階建ての建物が並び、その向こう側に近代的な高層ビルがそれを見下ろすようにそびえ立っている。ホワイトカラーとなった現代の裕福な中国系プラナカンと、ブルーカラーのマレー系や、国籍も持たないインド、バングラデシュから流れてきた出稼ぎ労働者では住むところが違うということだろう。リー・クアンユーは、この先のシンガポールをどのように描いていたのだろう。いつかこうした古い建物は再開発の波に飲みこまれ消えていくのだろうか。それとも、こうした旧プラナカン達の作り上げてきた歴史を売りに、観光立国を続けていこうとしていたのだろうか。

452 453
ここもプラナカンハウスが並んでいた  スーパーの魚は沖縄のに近い感じ

 ここでもわずか30分の観光。まずは明さんオススメの、地元の人が出入りしてそうな雑貨店に入った。どれも興味深い品ばかりだったが、最後まで買おうという気は起こらず仕舞い。見た目は違っても所詮は単なる日用品である。ただ、魚や野菜は意外にも日本のそれに近いイメージのものばかりで、驚きと発見があった。

 その後、マスカットストリートという観光客向けの細い通りを歩き、角のカフェから日本語で話しかけてくる怪しい現地人をスルーし、シンガポール最古のイスラム寺院「スルタン・モスク(Sultan Mosque)」を外から眺めるだけで、あっという間に時間が終わった。ここも時間帯が悪かったんだろう。寂しいエリアに感じただけだった。

454 455
   マスジット・スルタン      マスカットストリート

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.08

シンガポール旅行記 その44

 シンガポールでは、国民への教育的・道徳的指導を目的とした法律規則がたくさんあるが、「ガム所持禁止」などと同様、これもその一つなのだろう。何かマナー違反的な事件が起きたら即法律で規制だなんて、まるで学校みたいである。

 この禁酒措置は2013年の12月に、ここリトルインディアで発生した暴動が発端だそうで、しばらくはこのエリア(リトルインディアとゲイラン)が「アルコール規制地区」に指定されることになる。厳戒態勢は段階的に解除されていったが、後に、インド系の外国人労働者が「週末の夜に遅くまで外で飲んで騒いだ事が暴動に繋がった」と結論づけられ、それが「国全体」への指導的措置として、2015年4月の「午後10時半〜午前7時の間、公共の場での飲酒や酒類販売を禁じる法律」の施行に及んだというわけだ。やや連帯責任的な感じもしなくもない。しかも、シンガポールが徹底してるのは、外国人観光客にもそれが適用されるという点である。

441_2
      赤線の内側が一時期の規制エリア

 ついでに、飲酒が可能なのは自宅やホテルの自室だけだが、「許可を得たレストランやバー、コーヒーショップの店内は可」というあたりに、国会での話し合いの後を感じる。きっと色々ともめたんだろう。でもそれ故か、これではあんまり規制になってない気もするのだが。シンガポールは暑い国なので、夜に外で涼みながら、路上の屋台やベンチでビールを飲む習慣があったはず。要するにそのあたりが規制の主対象となったのだろう。だとすると低所得の労働者階級への締め付けに見えなくもない。このあたりがシンガポールが抱えている悩みか。違反したら1000シンガポールドル(ざっと8万5千円くらい)以上の罰金または最長3ヶ月の禁錮刑。ううん...すごすぎる。ネットには、「この法律に関しては反対の声が多いと思いきや、国が行った国民への電話アンケートによると8割が賛成している。」と書いてあった。ほんとなの? アンケートほど信用できないものはない。国家元首を決める選挙の投票率および支持率が100%の国は1つしかないかもしれないが、シンガポールが「明るい北朝鮮」とよばれる理由がだんだんわかってきた気がする。

リトルインディアで40年ぶりの暴動
 シンガポールのリトルインディアで昨年12月8日夜に発生。インド国籍の労働者がバスにひかれて死亡したのをきっかけに、警察車両など25台を横転させ、一部に放火する暴動に発展。鎮圧に当たった警官ら39人がけがをした。当局は暴動容疑でインド国籍の25人を起訴。57人を国外退去処分にした。シンガポールでは、1960年代に民族対立などによる暴動が多発したことを教訓に、民族融和や治安規制を推進。69年の華人とマレー人の対立以来、大きな暴動は起きていなかった。
 12月8日の暴動は、リトルインディアから郊外の寮に戻る送迎バスに乗り損ねたインド人男性が、そのバスにひかれた事故が発端となった。周囲にいたインド人ら約400人が、中国系運転手と車掌を責めてバスを取り囲み、暴徒化した。ひかれた男性も暴徒も酒に酔っていたとされる。だが、暴動について米紙ニューヨーク・タイムズは12月27日付の社説で、「評価されずに不当に安く働かされている出稼ぎ労働者の不満の高まりに、シンガポールは対応できていない」と論評した。シンガポール政府は1月14日、同紙が言う「出稼ぎ労働者への不当な評価や抑圧」はないと反論した。
 シンガポール経済は近年、外国人労働者に頼って成長を遂げてきた。1990年の外国人は人口の10%の32万人だったが、2013年には29%の156万人に拡大した。政府は国籍の内訳を公表していないが、インド、バングラデシュだけで建設労働者の過半を占めるとみられる。彼らが建設ブームを支えている。
 安価な労働力の流入による所得格差の拡大で、国民の不満も高まっている。リー・シェンロン首相は昨年8月の演説で、経済発展の恩恵の公平な配分を掲げたが、その対象に外国人も含まれるかは不透明だ。(2014.1.26 産経ニュース)

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.03

シュレディンガーの皿

Schrodinger

拾いものですが、めっちゃ感激したので、ここに残させて下さい。<(_ _)>

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.02

マラソン大会

今日、学校のマラソン大会があった。

個人賞は上位10名、団体(学級)賞は上位3クラスに与えられる。

ここまではよくある話。

うちの学校は、部単位でも賞を与えるらしく、

男子優勝は陸上部。女子優勝はバスケ部。

あとで順位表を見てわかったことがある。男女とも最下位が.....


写真部でした。 (゜Д゜)ドッヒャー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.02.01

シンガポール旅行記 その43

 いよいよ、午後の観光の時間である。次の目的地はこの一帯。すなわちリトルインディアである。ほんのわずかな時間だけバスで移動し、町の一角で下ろされる。

 「数年前、この一帯で暴動がありました。今では落ち着いているので大丈夫ですが、バスを長時間停めるわけにはいかないので、30分後にこのあたりに集合して下さい。はい、行ってらっしゃい。」

 明さんの言った言葉が気にならなくはないが、昼の日中でもあり、車窓からの遠目には民族色は濃いが、怪しいまでには感じない。さらにはほんの数週間前にテレビのバラエティー番組で、芸能人がこのリトルインディアを歩き回り買い物をするという番組を見たばかりである。

 バスを降りた所は、リトルインディア地区の玄関のようなで場所、目の前にはアーケードとテッカ・センター(Tekka Centre)がある。角にセブンイレブンがあったので入ってみたが、特に変わったところもなく、すぐに出てアーケードの方に向かう。

431 432
   リトルインディア・アーケード といってもスクエアって感じか

 あっ、あのテレビ番組の中で芸能人たちが買って食べていたお菓子の店だ。見るからに毒々しい色のお菓子。「ものすごく甘いとテレビで言ってたよ。」と妻に伝えてスルー。通りに面した店は衣料品店が多く、レディメイドのサリーがずらりと並んでいた。こちらもとってもインドっぽくて楽しいのだが、買おうという気にはならない。

 キャンベルレーン通りを歩く。売られている物は観光客向けと思われる小物、アクセサリーと、ここに住む人々の日用雑貨品、食料品、そしてどちらともつかない、サリーなどの衣料品や神前に捧げる花飾りなど様々で、それらが混沌としているためなんとも異様で、もう一歩が踏み込めないままに時が進む。

433 434
  どの商品からも、独特の香辛料の匂いがしてきた。いや、充満していた

 通りの中程に、周囲には似つかわしくないほどきれいな建物、「Indian Heritage Centre」がある。なんとなく中に入ってみると、民族衣装を着た女性の店員がすぐさま、「何かご用ですか?」と聞いてきたので、小心者の私は一瞬ひるみつつ、「あっ、ただ見てるだけです。」と答えた。後で調べると、2015年にオープンしたばかりの、このコミュニティの歴史を紹介する博物館だったようだ。上位階は有料の施設で、一階だけを眺める分には、さほどおもしろいところはなかった。今思えば、バスを降りたばかりの所にあったテッカ・センターに行くべきだったんだと、大いに後悔する。予習をしない者に幸せは訪れない。

435
    行くべきだったのはテッカセンター

 そう言えば、シンガポールに着いたばかりの時、ホテルまで送ってくれたツアーガイドの張さんが言っていた注意事項を思い出す。

「2年前からシンガポールでは、夜お酒買えなくなりました。夜の10時半から朝の7時までお酒買えない。コンビニでも買えない。外で飲んだりもダメ。警察つかまる。罰金とられるね。とーてっも高いヨ。これ観光客の人もだめね。ゼッタイ注意してね。お酒飲むときはお店の中かホテルで飲んで下サイ。」

(つづく)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年1月 | トップページ | 2018年3月 »