« シンガポール旅行記 その66 | トップページ | シンガポール旅行記 その68 »

2018.09.29

シンガポール旅行記 その67

 雨がやまない。やむ気配がない。このまま夜まで降られたらこれからの計画が全て消えるだけでなく、こんなところにずっと足止めされたままになるのか。それはかなり嫌だ。とりあえずマリーナベイ・サンズに行って、リバークルーズが出来そうか確かめよう。博物館を飛び出す。スコールの国と聞いていたので、二人とも携帯傘は持ち歩いている。地下鉄の駅まで移動するには問題はない。

 ドービー・ゴート駅に戻り、地下鉄でベイフロント駅まで移動。ザ・ショップス・アット・マリーナベイ・サンズは何度も来ている気がする。あの広大な施設の中をとぼとぼと歩く。建物は総ガラス張りなので、中にいても外の様子はわかる。今もなお、スコールがこれでもかというほど降っている。リバークルーズ乗り場が見えるあたりまで行くも、やはり雨やまず。誰かに聞かなくてもわかる。これでは船は出ていないだろう。仮に雨が上がったところで船はびしょ濡れだし、今日は中止に決まっている。何となく手詰まり感が漂う。リバークルーズはあきらめた。

671
    幻のリバークルーズのパンフ ここでも日本語の解説が怪しい
    変なフォントは入っているし、この部分だけ印刷が傾いているし 


672
     ぐるっと一周して、ちょうどいい時間だったんだけどなぁ

 そうなると、なんとしてもガーデンズ・バイ・ザ・ベイのライトアップショー「ガーデン・ラプソディー」だけは見て帰りたいが、まだ5時過ぎ。一つの予定がすっぽりなくなったおかげで、まだ2時間半もの空白時間がある。でも代案は浮かばなかった。このあたりで頭が回らなくなっていたのは、きっと一日中歩き回ったせいだったのだろうと、あとで思い返して思う。

 「とにかく、ガーデンズ・バイ・ザ・ベイに行ってみようよ。」

 クルーズが出来ず意気消沈している妻の頭の中は、すでにみどりと星空を割り込むようにそびえるスーパーツリーの輝きで満たされている。それだけは見たいという思いが表情にあふれている。近くのインフォメーションでガーデンズ・バイ・ザ・ベイへの順路を聞く。またシングリッシュが理解できなかったらどうしようという思いで軽く緊張した。話しかけてみると、割ときれいな英語が返ってきた。まずは傘を持っているかと聞かれた。近道は屋外にあるようだ。施設の中央部の吹き抜けにあるエスカレーターを最上階まで上がり、外に出て、向かいのマリーナベイ・サンズをくぐり抜け、再び外に出てドラゴンフライ・ブリッジへ向かう。後は真っ直ぐその橋を渡るだけだ。

 ルートとなる施設地図をもらい、御礼を言ってまた歩き出す。途中、コンビニを発見。ついのぞき込む。なにせ、このザ・ショップス・アット・マリーナベイ・サンズはあまりに高級すぎて、我々が立ち寄る気になる店は他にはまったくないのだ。コンビニというかお土産屋さんのような店内を見て回ったが、もはや驚きや感動はない。もしマリーナベイ・サンズに宿泊していたら、ここまで飲み物や食べ物を買いに来たんだろうなぁ。貧乏人の我々は。

 突然、日本語で声をかけられる。化粧品の店の客引きだ。日本人の観光客も結構多いんだろうな。でも、高級ブティックだらけの場所だから、客引きは似合わない気もするんだけど。とりあえずつかまったら何を買わされるかわからないので、軽く振り切るように先を急ぐ。

 角を曲がったところに、教えてもらったエスカレーターを発見
 ...したのだが、なんと、止まっている。(゜Д゜)

 人が来たら動き出すセンサー付きかと思ったら、一段目に足を乗せても全く動かない。ちょっと待て。このエスカレーターは日本では見たことないくらい長いし、めっちゃ急勾配だぞ。動かなかった理由はわからないが、これを歩いて上るほかに我々に選択肢はない。階段と思えばそれまでだが、途中で気づいたことがある。それは、エスカレーターは動かない方が「こわい」ということだ。この両側が透明なエレベーターは、巨大な吹き抜け空間に沿うように建物の1階から4階までを一気につなぐように設置されており、途中振り返るように下を見ると、我々の足下に広がる視界は一気に地下2階まで見渡せる。すなわち、まるで5~6階付近の空に浮かんでいる気分になるのだ。しかも、なかなか上に上がっていかない。(歩かないことには。)高所恐怖症の私はその恐怖心からカメラのシャッターを切る余裕が持てなかった。おかげで言葉しかこの時の気分を表現するすでがない。おそらく私の文章力ではうまく伝えられないだろうが、とにかく下を見られないほどの怖さだった。

673
    平面だと、こう移動しただけなのだが...。

 屋上のようなところに到着した。外は雨。晴れていたらマリーナベイ・サンズの建物を見上げる良い休憩スペースになるのだろう。でも今は雨。どこもかしこもびちゃびちゃで、そこに留まることもためらわれる。きれいな花に囲まれたブリッジをマリーナベイ・サンズに向かって足早に渡った。

674
    雨の中のマリーナベイ・サンズ

 マリーナベイ・サンズに入っても外の雨は弱まる気配なし。まだ6時かぁ。ドラゴンフライ・ブリッジに向かうこともためらわれる。かと言って、あの急な階段を歩いて降りるなんてとんでもない。サンズの中の連絡橋という狭い空間に閉じ込められた気分。いや、文字通りほんとに動けなくなった。両側にはホテルの中の通りが広がっているが、そこには降りられない。座って休める場所もない。万事休す。せめて下のフロアに降りられれば買い物も出来るのに。

676
    そこはそれ、記念に写真を撮る

 しかたがない。思い切ってガーデンズ・バイ・ザ・ベイへ行くとするか。前にすすめだ。

(つづく)

|

« シンガポール旅行記 その66 | トップページ | シンガポール旅行記 その68 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: シンガポール旅行記 その67:

« シンガポール旅行記 その66 | トップページ | シンガポール旅行記 その68 »