« 写真部作品展2 | トップページ | 2018年の「一生FDH!」 »

2018.12.30

2018年の天気

 年々、一年が過ぎるのが早くなり、ついこの前、年末を迎えた気がしている私です。「ぼーっと生きてんじゃねーよ!」ってしかられそうですが、振り返れば、オリンピックのカーリングをぼーっと見て、西郷どんをぼーっとみて、授業と部活をぼーっと繰りかえすばかりの1年間でした。思えば、夏の暑さにやられたせいかもしれません。
 天気の記録表は学校ではつけられなかった(というか、夏場は暑くて物理室を使えない)ため、自宅でつけ続けました。今年で13年目。あいかわらず大晦日のデータは入っていません(このまとめを毎年12月30日の仕事としているので。)が、この1年の佐世保の天気を振り返ってみましょう。

2018

 さて、佐世保の1年間の天気ですが、
 晴れ44.2%、曇り23.4%、雨17.3%、快晴12.6%、雪2.5%
という結果となりました。

昨年は、
 晴れ43.7%、曇り28.8%、雨13.5%、快晴12.9%、雪1.1%

一昨年は、
 晴れ46.3%、曇り25.5%、雨17.8%、快晴9.3%、雪1.1%

 でした。この数字だけ見るとおおむね例年並みで、ちょっとだけ雪が多かったくらいかという感じもします。でも、今年は色々あった気がしますね。

今年の特徴といえば、

1.早すぎた桜の開花
 3月中旬以降に気温が平年よりも高い日が続いた影響で、桜の開花が昨年より1週間ほど早かった。佐世保は3月28日にはすでに満開。

2.早すぎた梅雨明け
 昨年も空梅雨だったけど、5月28日に梅雨入り宣言(平年より8日早い)が出されてから梅雨明けとなった7月9日(平年より10日早い)までの42日間の雨の記録はわずかの9日のみ。今年もみごとな空梅雨。

3.台風直撃
 今年は平年よりも多い29個の台風が発生し、日本への接近はそのうち15個、上陸は5個。7月24日に発生した台風12号は本州東側から逆走接近して上陸。7月3日に五島を通過した台風7号は久しぶりに台風らしい強風。全国的に大きな被害をもたらしたのは、9月はじめに近畿を直撃した台風21号(中心気圧は915hPa)と、9月末に再び直撃した24号。

20180801

4.記録的猛暑
 7月23日、埼玉県熊谷市で41.1℃まで気温が上昇。日本歴代最高を5年ぶりに更新。長崎県では8月14日に佐世保で38度、大村で39度の記録が出る。
20180904tue

今年の自然災害といえば、

1.大阪北部地震
 6月18日朝、大阪府北部を震源とするM6.1の地震が発生。最大震度6弱を観測。

2.西日本豪雨
 7月3日から8日にかけて台風7号の接近により西日本の広範囲で記録的な大雨となる。佐世保も5日、6日は大雨で土砂災害特別警報が出る。7日は中四国地方が大雨となり、岡山、広島、愛媛で河川の氾濫や土砂崩れなどの被害が拡大。

3.北海道胆振東部地震
 9月6日3時ころ、北海道胆振地方中東部を震源とするM6.7の地震が発生。北海道で最大震度7は初めて。

 今年の漢字は「災」でした。この文字が選ばれたときは正直、いい気分はしませんでしたが、振り返ってみると確かに災害が際立った一年間だと言わざるを得ません。

Tenkibetu2018_2

 今年の特徴的な天気(気になってカレンダーに書き込んでいたこと)です。
 (○快晴 |晴れ ◎曇り ●雨 *雪)

1月  1日 |普通の寒さ
    9日 ●ちょこっと雪
   10日 ●時々雪
   11日 *長崎市はまあまあ積もった。佐世保はちょっとだけ
   12日 *雪の連日
   16日 ●あたたかい
   17日 ●朝ぽかぽか
   19日 |空が白い。水蒸気?
   20日 |ぽかぽか
   22日 ◎東京は大雪。24年ぶりに-4度らしい
   24日 *さむい...
   28日 ●冬らしい寒さの日々が続く
   31日 ◎月食は曇り

2月  4日 *さむい...
    5、6日 *連日、日中はハラハラの雪
   11日 ◎朝方うっすら雪化粧
   12日 *晴れたり降ったり
   13日 *のち晴れ
   14日 |春一番
   18日 ○春みたいな陽気
   24日 |空が白い

3月  1日 ◎風強し
    5日 ●風強し 記録的落雷数らしい
    8日 ●風強し
   11日 ○春みたい
   19日 ●風強し
   20日 ●前線停滞中
   24日 |空が白い
   25日 |空が真っ白 PM2.5!
   26日 |真っ白!
   28日 ○桜満開
   29日 ○気分は5月 記録的暑さ
   30日 ○桜散り始め

4月  4日 ◎まだ桜がある
    6日 ●桜散らし 黄砂まみれの雨
    7日 ●烏帽子岳で雪
   15日 |花粉が多い気がする
   22日 |ほぼ夏

5月  4日 |日本海側は雷や雹
    8日 ●ちょっとさむい
    9日 ○めちゃさむいし風強い
   17日 ●蒸し暑い
   18日 ●蒸し暑い 一日中スコール
   19日 ◎風がすごい
   20日 |風がすごい
   28日 ●梅雨入り宣言

6月  8日 ◎死ぬほど蒸し暑い
   11日 ◎台風南岸通過でちょっと涼しい
   13日 ○すずしい
   27日 ◎風が強い

7月  3日 ●T7五島通過
    5日 ●大雨
    6日 ●土砂災害特別警報発令 すごい雨
    7日 |昨日までの雨がうそのよう 中四国が大雨
    9日 |九州北部梅雨明け 平年より10日早いぞ
   11日 |あつい
   19日 |あつい...。
   20日 |あつい...。
   22日 ◎久しぶりの夕立
   23日 |最高気温更新 41.1度

8月 14日 |大村39度、佐世保38度
   25日 |朝方雷雨

9月  4日 |T21徳島上陸
    6日 ◎北海道で震度6強の地震
    7日 ●突然秋が来た
   10日 |かなり秋
   13日 ●秋雨前線
   30日 ●T24

10月 4日 ●クックとお別れ(愛犬、旅立つ)
    6日 ●T25で暴風
   11日 ◎急激にさむくなる

11月    (特になし)

12月 4日 ●大村で24.9度 暖冬...
    7日 ◎急に冬が来た
   22日 ◎なんだこの暖かさは

1tsukibetu2018
2tsukibetu2018

 中旬は比較的暖かだったが、下旬になり冬らしい寒さとなった。関東は記録的な寒さのようだが、佐世保は総じて見れば普通だった1月。

 積もるというレベルではないけれど、これほど連日雪が降った冬は記憶にない。おそらくはラ・ニーニャ。春一番が吹いてからは比較的穏やかな日々となった2月。

 春の大嵐と、「これが5月か?」と思うほどの暖かい日々が2度の周期で押し寄せた。桜が咲いてから雨や風の日がなく、長く桜を見ることが出来た3月。

 これほど長く桜を楽しんだ年はないかも。6日は久しぶりの雨。穏やかだったが花粉が多い気がした4月。

 上旬は上空に寒気が流れ込み各地で不安定な天気が続いた。中旬から蒸し暑さがひどくなった。28日の梅雨入りは昨年に比べると24日も早くなった5月。

 冗談のように「水無月」となり、梅雨らしさはまるでない蒸し暑いだけの日々。中旬は南岸を通過する台風に吹き込む北風が涼しかった。小雨はあったが、大雨は最後の2日間だけだった6月。

 久しぶりに台風らしい台風だったT7。九州南部より先に北部が梅雨明けする始末。6日の大雨は西日本一帯に大雨による災害をもたらした7月。

 全国各地で最高気温の更新がなされた。40度超えが何度聞こえてきたか。普通の雨は降らないのに、集中豪雨に悩まされた8月。

 T21は大阪に大きな被害をもたらした。北海道では震度7の大地震が起きた。これらが今年の漢字を「災」にしたのだろう。中旬からはめっきり秋らしくなり、締めはT24による強風となった9月。

 今年は台風の当たり年。T25のおかげで学校の周年記念式典が延期に。中旬以降はめっきり普通の秋。下旬は秋雨前線のせいで、多少雨がぱらついた10月。

 秋らしい日々ではあるが、月を通して思ったほど気温が下がらなかった。おかげで日本中で紅葉前に落葉し、観光業界はがっかり。エルニーニョが発生した知らせに暖冬を予感した11月。

 それなりに冬が来たとは思うが、やはり例年に比べると暖冬であることは間違いない。クリスマスを過ぎてから急に冬が来た12月。


といったところでしょうか。

さて、来年はどんな1年になるか。いよいよ大晦日です。<(_ _)>
もちろん、2019年も記録し続けます。(^^)

|

« 写真部作品展2 | トップページ | 2018年の「一生FDH!」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 2018年の天気:

« 写真部作品展2 | トップページ | 2018年の「一生FDH!」 »