« 毎度のこととは言え | トップページ | 日本シリーズ第2戦 »

2019.10.20

日本シリーズ第1戦

Capd20191020

 7回の攻防は感動。2塁打で出塁した松田を代走周東に代え、まさかの内川に進塁バント。右のマシソンに対して、今や代打の神様化している長谷川を送り出したら、左の田口に代えてきたので、すかさずこちらも慶三に代えたところ四球。ここで牧原の打順ですから、ダブルプレーはなさそう。内川の犠打による一死のままだけに、スクイズがどこで飛び出るのかという場面...なんて考えていたところで、慶三が隙を突いて二盗。この展開のすごさってば、まさに野球の醍醐味。で牧原があっさりセンターへ打って2打点。いや、このシーンだけでご飯3杯くらいいけそうな見応えでした。6回の得点のきっかけを作った2塁打といい、7回のファインプレーといい、随所で俊足好打を生かせたところといい、私的には「牧原!」という試合でした。これも全部監督が仕組んだ...んだよなぁ。采配すごいなぁ。

|

« 毎度のこととは言え | トップページ | 日本シリーズ第2戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 毎度のこととは言え | トップページ | 日本シリーズ第2戦 »