2017.09.25

いい選手はどこにいても変わらずいいものだ

井口資仁「最高の野球人生だった」万感の引退スピーチ
Capd20170924 引退試合となった井口資仁内野手が試合後の引退セレモニーで、思いを語った。ソフトバンクから米メジャーへ、そしてロッテへと活躍の場を移した21年間のプロ生活を「自分自身の宝」、「最高の野球人生だった」と表現し、ファンやチームメート、関係者に何度も感謝の言葉を述べた。
 九回に同点2ランを放ち、千両役者ぶりを発揮した井口。引退スピーチでは、時折、言葉を詰まらせながら思いを語った。
 「入団当初の目標であった2000本安打、そしてメジャー挑戦、40歳まで現役、ほかの選手では経験できないようなことをたくさん経験させていただき、本当に自分自身の宝になりました。そして21年間、多くの皆様に応援していただき、そして、今日最後、引退試合、そしてこのセレモニー、本当に最高の野球人生だったと思います」
 今後については、「明日から次の夢、目標に向かって精いっぱい頑張ります。そして、ますますの野球発展のために、野球振興のために尽くすことが皆様への恩返しだと思っております」。ロッテのチームメート、スタッフへ向けては「我がマリーンズですが、このような順位で終わるようなチームではありません。まだまだ、伸び代のある中堅、若手選手がたくさんいます」と断言した。さらに、「選手の皆さん、残り試合、来シーズン、この悔しさをファンの皆さんとともにぶつけて、このマリンスタジアムのポールにチャンピオンフラッグを立ててください。皆さん、期待しています」と熱く語りかけた。
 ファンの大歓声を浴びながら、「最後になりますが、21年間、熱い声援をいただいたファンの皆様、そして、チームの皆様、サポートしていただいた皆様、すべての皆様に感謝して、今日、ユニホームを脱ぎたいと思います。21年間、本当に本当にご声援ありがとうございました」と感謝し、球場内を一周。白いテープが投げ込まれる中、帽子を振ってスタンドに笑顔を見せていた。(デイリー)

 私の中での最高のホークスは、圧倒的に2003年です。これまでも、これからも変わることは絶対にありません。それが、このブログのタイトルの由来といっても過言ではありません。

 1 CF 村松
 2 3B 川崎
 3 2B 井口
 4 1B 松中
 5 C  城島
 6 LF バルデス
 7 DH ズレータ
 8 RF 柴原
 9 SS 鳥越

 打線は100打点カルテット(井口.340-109、松中.324-123、城島.330-119、バルデス.311-104)の存在に、投手には斉藤、和田、新垣、杉内の存在に、まるで負ける気がしなかったカンペキ最強のホークスでした。井口のあのライトスタンドに放り込むホームランはまさに芸術でした。海外に行っても、きっとホークスに戻ってきてくれると信じていた選手でした。城島もそうですが、プロの世界はファンが思うようにはいかないのですね。でも、いまでも井口選手は私の中のヒーローです。マリーンズの監督になっても、きっと、ずっと応援し続けます。本当にお疲れ様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.06.19

今季は...

Capd20170618_4

ほぼ互角のセ・パでした。

西武、楽天も負けなかった。
ペナントレースの上位が崩れなかった。

交流戦の醍醐味はなかったって言って良いかも...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.05.30

今のパ・リーグ

Capd20160530


 ホークスが強い理由 日ハム以外に圧勝
   ロッテが強い理由 西武以外の下位に圧勝
  日本ハムが強い理由 下位にも首位にも負けてない
    西武が弱い理由 どこにも勝ち越せてない
 オリックスが弱い理由 上位に勝てない 下位に圧勝できない
    楽天が弱い理由 勝てない 

『結論』 ホークスが勝つためには

 1 日本ハムに負け越さない
 2 西武に負けない

 このへんか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.03.21

なんでこーうなるのかな?

Capd20160321

 巨人とヤクルトだけ、試合数が突出している。オープン戦だから、各チームが何試合するかなんて、そろえてないのね?

 それにしても、オープン戦とは言え、防御率と盗塁数が1位ってのは何か嬉しい。得点と本塁打が伸びるのはたぶん時間の問題。いや、それともイ・デホの抜けた穴なのか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.12.14

ムネノリ・カワサキ賞

Capd20151214_1


Capd20151214_2

なんてこったい。こんなにビッグになった野球選手が他にいたかい?

ムネノリ・カワサキ賞

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.07.03

一応、記念ということで

史上初!セ・リーグ全球団が借金
 プロ野球史上初の珍事だ。勝率5割ながらセ・リーグ首位に立っていたヤクルトが3日、広島に1―7で完敗。同率2位の阪神もDeNAに3―4で逆転サヨナラ負けしたため、全6チームが勝率5割を切る異常事態となった。
 リーグ全チーム借金は、セ・パ交流戦がスタートした2005年以前にはありえなかった現象で、今季の交流戦でセが44勝61敗3分けと大きく負け越したことに加え、異例の大混戦となったことが史上初の珍事を生んだ。(スポニチアネックス)

Capd20150703

では、記念に。

ま、ほんとはどうでもいいことなんですけどね。セ・リーグのことなんで。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2015.01.20

premier12ってなんですこ?

Premier12

何か知らんが、何か始まるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.01.10

カナダで良かった

川崎、ブルージェイズにマイナー契約で残留!キャンプは招待選手Capd20150110_2
 米大リーグ、ブルージェイズからフリーエージェント(FA)となった川崎宗則内野手(33)がブ軍と再契約することが9日、濃厚となった。同じくブ軍が興味を示している“兄貴分”のイチロー外野手(41)=ヤンキースからFA=より先に決定する可能性が大だ。川崎はマイナー契約で今春のキャンプには招待選手として参加する見込み。昨季も同様の契約からメジャー定着を勝ち取っただけに、トロントのファンを沸かせる姿が再び見られそうだ。(サンケイスポーツ)

 これで当分、入手したこのユニフォーム(Tシャツ)が過去の物にならずにすんだ。
 今季もあの楽しい英会話を聞かせてね。(^o^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.15

日本の野球はここまできたのか

 「2014 SUZUKI 日米野球」第3戦が15日、東京ドームで行われ、野球日本代表「侍ジャパン」が4対0でMLBオールスターチームを破り、12年ぶりに3連勝を飾った。侍ジャパンは先発・則本昂大(楽天)、西勇輝(オリックス)、牧田和久(西武)、西野勇士(ロッテ)の継投でMLBオールスター打線を完璧に封じ、ノーヒットノーランを達成した。
 日米野球での“ノーノー”は3回目。過去2回はいずれも米国勢(71年のオリオールズ、90年のMLB選抜)で、日本勢としては史上初の快挙となる。(Sportsnavi)

Capd20141115

 なんか、すっごいものを見たんだろうなぁっていう、不思議な気持ちだった。明日のニューヨークタイムズを読んでみたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.15

なぜだろう

Capd20141014

相性からいえば、日ハムが上がってくることを喜ぶべきなのに、妙にくやしい。
上位チームが勝つべきという、ホークスファンならではの感情ゆえか。
それとも、私の心の3分の1くらいが、オリックスに染められているからか。
森脇さんの魅力なんだろうなぁ。ちょっと前のホークスを見ているみたい。
今のオリックスには、そんな魅力がある。秋山監督の引退より、心を占めている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧