2017.08.01

PERFORMANCE 2017

Img_2

実に37年ぶりのことらしい。達郎が佐世保に来るなんて。

生の姿を見、生の歌声を聞けた。

言葉にならない感動。(T_T)

最近はやりのカホコの言葉を借りれば、

「こんなの初めて...。」てくらいの感動。(T_T)

年を忘れて、思わず立ち上がってリズムを取って、クラップハンズ。

3時間半もの時間の流れの、なんと短いことか。

まさにネ申ステージ。

家に帰って、iTunesに、セットリスト通り(に近い)のミュージックプレイリストを作った。

昨晩は寝ても頭の中でライブが続いていた。

今度聞きに行けるのはいつのことだろう。

達郎、ありがとう...。(T_T)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016.04.21

新規リスト

Capd20160421

久しぶりに1,500円カードを買った。

すぐ、3曲ダウンロードした。

ヘビロテしそう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.11.29

何とも言えない

Capd20141129

不思議な魅力がある。作られた世界観の勝利か。

それにしても、15歳、16歳には見えない写真もあるぞ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.01.15

これが見納めの写真なのか

ニコルに続いてジヨンまで…KARAの将来はどうなる?

Kara

 ニコルに続いてジヨンまで抜けることになったKARAの将来は一体どうなるのだろうか。
 DSPメディア側は14日と15日に「過去7年余りにわたってKARAのメンバーとして苦楽を共にしてきたメンバーのニコルが16日付けでDSPメディアとの専属契約が終了する」とし、「ジヨンが再契約の話し合いの中で留学したいという意思を明らかにした。4月まで事務所との専属契約期間と、予定されたスケジュールが残っている」と知伝えた。
 ニコルは今後は独自路線で独り立ちし、ジヨンは契約が終了する4月に合わせて留学をして女優業に専念する予定だ。
 これに先立ち、ジヨンが再契約をするならKARAは4人体制を維持する予定だった。韓日両国を行き来しながら4人体制を構築し、ニコルが抜けた穴を残りのメンバーが埋めながらグループカラーを維持したままで活動しようとしたが、これは失敗に終わった。
 事実上、KARAは3人体制では人気を継続していくことが難しくなるため、2人のメンバーを補強して「3+2」体制を整えなければならない。2007年にデビューしたKARAは4人組からキム・ソンヒが抜けた後、ハラとジヨンがグループに加わった。2人が新しく入ることによってチーム色もがらりと変わった。従来のボーカル中心のKARAから音楽ではないパフォーマンスに重点が置かれるようになった。ジヨンがぬけるとKARAのカラーは再び変わる可能性が高い。
 所属事務所関係者は「4月以降はギュリ、スンヨン、ハラを中心にチームを再構築して今後のスケジュールを進めていく予定だ」と明らかにした。(中央日報)

 日韓関係の悪化。時代も悪かったのかも知れない。KARAはこの5人じゃなきゃ。新しい体制になったところで、韓国独特の事務所のあり方が変わらなければ、また同じ事を繰り返すんだろうなぁ。本当に、もったいない、なぁ。(;_;)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.11.29

欲しいのはパンではない

「KARA」ニコルが渋谷で「パン屋」に転職?
 K-POPガールズグループ「KARA」のメンバー、ニコルが「KARA」から脱退した後、6か月間のアメリカ留学を経て、渋谷で「パン屋」を開店するかもしれない。
 先月上旬、「脱退説」や「留学説」や「契約分離説」などでファンを驚かせていたニコルだが、現在の所属事務所(DSPメディア)との再契約交渉は合意に至らず、結局アメリカ留学に進むことが決まりつつある。これと同時に渋谷でベーカリー専門店(パン屋)を開店する可能性が高いと伝えられた。
 韓国芸能界関係者によると、ニコルは来年2月から半年ほどのアメリカ留学を希望しているという。本格的なソロ活動を念頭に置いた計画だとみられるが、もともとアメリカ育ちで韓国語より英語が堪能な彼女は、芸能界デビュー後も頻繁に渡米していた。おそらく今回は、人生の転換期を迎えた彼女自身の「心の整理」も兼ねた留学になるものと考えられる。
 「個人の活動は別の事務所で、『KARA』としての活動は現事務所のDSPメディアで、両活動における契約はそれぞれの事務所で行う」という「契約分離」を提案したようだが、交渉が難航しているとの情報もあった。時期的には「KARA残留」の可能性は消えつつあると言えよう。
 メンバーがそれぞれ異なる事務所になってしまうと、芸能人の「命」とも言えるスケジュール調整などの面で困難を極めることになる可能性が高いため、この「契約分離」は、通常は「不可能」とされている契約形態なのである。
 いずれにせよ、日本では「KARA」が「少女時代」と共にK-POPガールズグループの頂点にあり、日本の音楽シーンやK-POP文化の内在化に大きな貢献をしてきた。いや、難しく言う必要はない。忘年会やカラオケで流れていた「KARA」の「ミスター」、「ジャンピン」、「STEP」、「LUPIN」などは、その斬新な曲調と歌詞で大衆を喜ばせ、生活に活気を戻してくれた。それだけではない。現代人が文明の対価として忘れていた「ダンス本能」まで気付かせてくれた名曲であった。
 政治や歴史や領土など、集団としての「人間の意志」が日韓の交流を妨げている今、個人としての「人間の本能」に充実な「KARA」の名曲は、その輝きを増す。
 もちろん、ニコルの焼いたバンやクッキーは食べたい。しかし、舞台で輝く「完全体KARA」のニコルは、失いたくない。第2の「東方神起悲劇」が起きないことを祈る。(WoW!Korea)

 最後の一文に、韓国の芸能界のひずみを見た気がした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.04

なんて下手なマネージメントだ

KARA、日本で解散説浮上…所属事務所は「事実無根」
 KARAの解散説が日本でまた浮上した。
 東京スポーツは4日、ガールズグループKARAが日本ツアーを最後に事実上解散すると報じた。同紙は「カン・ジヨン(19)を除く4人のメンバーと所属事務所との契約が来年1月に切れるため、解散する」と伝えた。
 しかしこの日、KARAの所属事務所DSPメディアの関係者は韓国メディアを通じて、「KARAの解散は事実無根であり誤報だ。現在どういうルートで記事が出たのか確認中で、公式対応を検討している」と明らかにした。
 2011年に解散説が出たKARAは、先月2日に4集アルバム「Full Bloom」を発売し、国内活動を再開した。現在、KARAのメンバーは現所属事務所と再契約について話し合っている。(中央日報日本語版)

2013100400000024cnippou0000view2

 明らかに露出が減少している。本人達の問題ではなく、事務所の問題だと思う。せっかくの素材を活かせないなんて、つくづく呆れる。

KARA、やめるなんて言わないで。言わせないで。(ToT)


KARA解散を否定 ニコル脱退、ジヨン不透明も…3人で継続は決定
 韓国の人気女性5人グループ「KARA」が4日、公式ホームページで解散を否定した。一方で、ニコル(21)が来年1月で脱退することを発表。大学生であるジヨン(19)は来年4月の所属事務所との契約終了時点で脱退するかを決めるという。一部メディアでは同日、KARA解散と報じられたが、ギュリ、ハラ、スンヨンの3人でKARAとして活動を継続することを表明した。(デイリースポーツ)


(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)(;_;)

もう、生きていけん...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.02.26

男たちのメロディー

Capd20132

なぜか、ずーっとこの曲が頭の中で流れっぱなし。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.12.24

またKARA考る

 今年も、プレゼントに「KARA」のDVD....じゃない、BRをもらいました。\(^o^)/

M01dl2

 今年は本当にKARAをテレビで見る機会が減ってしまいました。テレビ局が意図的に減らしたのか、はたまたKARA自体が韓国中心のプロモートに変えたためか、定かではありませんが、露出が減ったのは確かです。「ジェットコースターラブ」「GOGOサマー!」「ウインターマジック」までの3連発は見事でした。(本当は「ガールズ ビー アンビシャス」も好きな私。)

 過去もKARA考でも述べましたが、彼女たちほど日本で売れる可能性を持ったグループは滅多にいません。昨年の冬までのヒットは明らかに日本を意識しての売り出し方の勝利。なのに、今ではまるで売れなかった韓国時代のそれに逆戻りです。韓国国内でヒットしているのであればいいですが、他のグループに押されてさほどでもないのであれば、大失敗と言っても良いかもしれません。(竹島問題では、踏み絵まで踏まされてるし。)もし日本のプロモートで日本で売り続けていれば、少なくとも2~3年は大ヒット間違いなかったでしょう。彼女たちは日本で売れる要素を持っている、そのことをスタッフ達はどのくらい理解しているのでしょう。(少女時代も売り出し方次第では、KARA以上に売れる可能性がある。)

 韓国が国内とアメリカを意識して今後も展開するのであれば、きっとあと数年のうちに韓国芸能界は天井にぶち当たります。黄色人種の芸能がアメリカでヒットするって、本気で思っているところが甘すぎます。でも、日本でだったら、あんな歴史を抱えていながらも、あんな衝突をしていながらも、文化交流はその困難を乗り越えているのです。これからは日本も韓国も「文化交流」で過去の歴史による困難を乗り切りべきです。そこにこそ、国は力を入れるべきだと思っています。文化の力は偉大です。

KARAのビデオを見ながらそんなことを考えるなんて、ほんっと、おじさんになったもんだ。

#でもなんでも、いいものはいい! 東京ドーム、行きたい!(>_<)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.09.26

OPUS!

Dscf0003

\(^^@)/ とり・みき だー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.01.17

萌え~(*^_^*)

超マイブームです。

もう「バキュン、バキュン!」だなんて、いやん...。(´д`)
 

 
「ガールズ ビー アンビシャス」 KARA

Capd20120117

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧