2015.07.15

冥王星から目が離せない

冥王星は直径2370キロ=米探査機観測で判明―14日夜、最接近
 米航空宇宙局(NASA)は14日、探査機ニューホライズンズの接近観測で、冥王星の直径は地球の18.5%に相当する2370キロと分かったと発表した。これまでの大方の推定より若干大きい。冥王星を構成する氷の割合が岩石質に対してより高いと考えられるという。(時事通信)

Capd20150715

 教科書などに載っている冥王星の直径は2390km。

 (゜Д゜)?

 ってことは、これまでの値より若干「小さい」じゃないの?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015.06.06

酔っ払い登場!

今日のお昼の「ひるじげどん」に、どっかで見たような酔っ払い登場!
かなりハイテンションでした。(^_^;)

Img_7470

Img_7472

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.10.08

今日のお月さん

Img_3673

Img_3770

やっぱ、望遠鏡じゃないとだめだなぁ。スナップにはいいレンズなんだけど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.08.16

カメラの世界は変わった

頭と胴体、元は二つ?=欧州探査機撮影の彗星本体
 欧州宇宙機関(ESA)の探査機ロゼッタが、火星と木星の間にある「チュリュモフ・ゲラシメンコ彗星(すいせい)」に約100キロまで接近して撮影した写真が16日までに公開された。彗星は一般に「汚れた雪だるま」と呼ばれ、本体の核は砂交じりの氷というイメージがあるが、この彗星は日本の探査機「はやぶさ」が砂粒を採取した小惑星「イトカワ」に似て、岩石だらけに見える。(時事ドットコム)

0140816at30_t2

(左)欧州宇宙機関 (ESA) の探査機ジオットが1985年に撮影したハレー彗星
(右)探査機ロゼッタが104キロ手前から撮影したチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星


 これが30年の技術の進歩というものか。それとも、尾を伸ばす前に撮るため、太陽から遠方の場所で接近できたという航行技術の方の影響が大か。

 それにしても、「彗星は、実は汚れた雪だるまじゃなかった。」って答えはやだよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.14

重ねてみた

Compotest

 14枚の比較明コンポジット。インターバルなど考えて撮ったものではないので、途切れているのはともかく、実際にやってみるとよく分かった。

 まずは背景に併せた露出をおこない、切れ目ない軌跡にするためのインターバルと回数を考えて撮り、Kikuchimagicにかける。なるほど。今度はきれいな星夜写真に挑戦です。(^^)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.08.13

大学時代の思い出の中にいる人

【訃報】旧五島プラネタリウム館長 村山定男氏
 元・五島プラネタリウム館長で天文学者の村山定男(むらやま さだお)さんが、13日正午に死去されました。享年89歳。
 村山定男さんは1924年4月9日東京生まれ。望遠鏡による火星観測や、隕石の研究などを専門とする天文学者として国立科学博物館理化学研究部長を務め、テレビ出演や講演会、天文学解説書執筆などを通して天文普及活動に活躍されました。
 1957年4月、天文博物館五島プラネタリウム設立当初から学芸委員を務め、2001年3月の同館閉館の際には、多くのファンに惜しまれつつ44年の歴史に館長として幕を引きました。その後も、五島プラネタリウムのプラネタリウム投影機の展示保存活動に実行委員長として尽力されました。(アストロアーツ)

 氏とは、国分寺隕石捜索でお会いして以来か。「あの山の斜面に落ちているはず。」その一言がピタリと正解だったことに、専門家の凄さを思い知った出来事でした。心からご冥福をお祈りします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

久しぶりの烏帽子岳の星夜

Img_7525

「群流星」 IMG_7525.JPG
2013年8月13日、0:41:36
Canon EOS 5D Mark II
24mm、f/4
BULB、47秒
ISO-800

Img_7563

「カシオペア座とペルセウス座」 IMG_7563.JPG
2013年8月13日、1:36:28
Canon EOS 5D Mark II
24mm、f/4
BULB、58秒
ISO-800

 0時頃から2時過ぎまで烏帽子岳頂上下の広場に滞在。写った流星はこの1枚だけ。(貧弱ぅ~) ペルセ群としては、出現数もあんなものか。レオニズの記憶が植え付けられた私には、今はどんな流星群を見ても、多いとは思えなくなりました。

 駐車場には多くの車が来ており、頻繁に入れ替わってましたので、広場での撮影は困難を極めましたが、私も車だったし、文句は言いません。が、駐車場の真ん中でシートを引いて寝て見るのは自殺行為だと思います。みなさん。(^_^;)

 烏帽子岳の空は、あの頃とちっとも変わっていません。南の方は光害だらけで、空が赤くなります。北の方はまあまあです。赤道儀を使えばきれいに天の川が写ります。昨晩(今朝?)は固定撮影でしたのでこれまで。やっぱ、デジタルノイズって奴は気になるなぁ。実は、5D2で初めてちゃんと星夜写真を撮りました。(^^;;;) 今度は例の方法で撮って、重ねてみましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.01.10

集合-!\(^^@)/

久しぶりにPGCOB会の動きがある。現段階で、

 松尾先生
 かんねん
 すけちゃん
 永松ちゃん
 合満ちゃん
 はにー
 平島さん
 中村じいさん

は確定。そのほか、

 大ちゃん
 表迫夫妻
 みけち

も可能性あり。あとは、

 野田さん...........かぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2012.10.01

MOON1001

Moon

ちょっとピンぼけ...。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.06.16

一応はやく起きてみたけど

Photo

 
もちろん,見えません。(-_-;) 月なんて...。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧